ごはんがパサつく

浸漬時間が少ない場合があるので、60分以上の浸漬をしま しょう

水加減が少ない場合があるので、重量による水加減が望まい

しいです。

 

 ごはんがベトベトする

砕けた米や、ヒビわれの米が多い場合があるので、洗米時間を

3分以内にしましょう。

ごはんに芯がある

むらしが少ない場合があるので15分~20分の適切な蒸らしを

しましょう

炊飯器の蓋が開いている場合がありますので、フタ等の確認を しましょう

ごはんにつやがない

浸漬水の温度が高い場合があるので、40℃以下で浸漬しま

しょう

ごはんがダンゴになる

蒸らし時間が長い場合があるので、15分~20分の適切な蒸らし をしましょう

ごはんに異臭がする

米びつ付近に灯油、ワックスが置いてある時は近くに臭いの

強い物を置かないように気を付けましょう。

胚芽米とは 

玄米から表皮ぬか層をとり一番栄養のある芽が残っている

部分(胚芽)があるお米。白米より栄養があり玄米より食べやすい様になっています。

米の保存方法

5月以降になると平均16℃以上になりますと害虫やカビが発生しやすくなります。特に17℃以上ではカビが発生しやすくなります。

お米の貯蔵は温度12~13℃、湿度60~70%が最適です。15℃以下ですと玄米の呼吸作用を抑えてデンプンの化学変化を防ぎしかも脂肪酸の酸化も遅らせることが出来ます。

害虫(コクゾウムシ)の対策

保管容器にタカのツメ、ニンニク、市販の防虫剤等を一緒に入れると効果的

です。最近は低温貯蔵庫等保管に便利なものもあります。家庭では冷蔵庫の野菜室が適切です。

 

 

お問い合わせ

 

フリーダイヤル 

0120-278-107

電話番号 

0572-27-8107

FAX番号

0572-27-6171

岐阜県多治見市明和町

4丁目-5-705

大松米穀店

日曜,祝祭日は

定休日です。

営業時間

8:30~18:00

配達のご注文は17時までにお願い致します。

LINE@ 始めました

ID @loc5428p

 

友だち追加数

リンク